ニキビ跡をうすくする方法

完治しにくいニキビ跡

軽度のニキビは治りやすいですが、慢性化したりニキビ跡が生じたりすると、完治させるのは簡単ではありません。ニキビの種類によって、完治のしやすさは異なってきます。
クレーターと呼ばれるニキビ跡やメラニン色素が沈着したようなニキビは、完治させるのが困難だと言われています。このようなニキビは、肌にかなりのダメージを蓄積した状態です。

元の肌状態に戻すためには、かなりの期間を要することになります。クレーターなどのニキビ跡を治すためには、肌質を元どおりにする必要があります。
肌に疲労が蓄積しているとニキビが治りにくいため、まずは肌の栄養となる成分を補うことが大切です。肌の周期は30日程度であり、この期間において再生されますが、疲労が蓄積した肌の場合は周期が遅くなることが多くなります。まずは周期を元どおりにすることが、ニキビやニキビ跡のための一番の対策となります。

肌の栄養となるビタミン類は、肌荒れやニキビ対策のために必須な成分です。ビタミンCには、皮膚に沈着したメラニン色素を薄くする役割があります。ビタミンAには、肌の再生の周期を元どおりにする役割があります。
ビタミンB2には、肌の代謝をサポートし、ニキビやニキビ跡を治りやすくする役割があります。これらのビタミン類を食事から補えない場合は、健康食品やサプリメントを活用するのがよいでしょう。また、各種ビタミン類を含んだスキンケア用品を活用するのも有効です。